腸内細菌叢の検査・分析結果を踏まえた食品の選択・摂取で疾病を予防する新たなソリューションを提供します

国立研究開発法人理化学研究所[辨野特別研究室]と一般社団法人日本農業フロンティア開発機構が構築した約20,000人の日本人の腸内細菌叢解析データベースを用いて腸内細菌叢と健康状態(疾病)の関係を分析し、個人の腸内細菌叢の検査・分析結果からその方の特定の疾病に関するリスクを推定する手法(疾病リスク推定モデル)を開発しました。 腸内細菌叢の検査・分析サービス『SYMGRAM』及び『健腸ナビ』は、疾病リスク推定モデルを用いて各疾病のリスク推定値を算出し、リスク推定値の高い疾病を予防するための食品に関するアドバイスを提供します。

腸内細菌叢の検査・分析結果にもとづく疾病予防・改善のための食品アドバイス

SYMGRAM

SYMGRAM

病院やクリニック、人間ドックなどの医療機関で受けられる腸内細菌叢の検査・分析サービスです。 採便キットで採取した被検者の大便検体から腸内細菌のDNA(16S rRNA遺伝子)を抽出し、次世代シーケンサーを用いて腸内細菌の構成を解析した結果はもとより、その解析結果から特定の疾病別に被検者の疾病リスクを推定した結果(リスク推定値)やリスク推定値の高い疾病を予防・改善するための食品に関する情報などを網羅したレポートを担当医師向けに発行します。

SYMGRAMへ


SYMGRAM

健腸ナビ

個人で申し込むことができ、自宅で手軽に受けられる腸内細菌叢の検査・分析サービスです。 インターネットでのお申し込み後、送られてきた採便キットで採取した大便検体を送付して頂くだけで、病院やクリニックで活用されている『SYMGRAM』と同等の疾病リスク推定値やリスク推定値の高い疾病を予防するための食品に関するアドバイスなどが記載されたレポートを直接発行します。

健腸ナビへ


コンサルティング

コンサルティング

腸内細菌叢の解析に係わる様々な技術的課題に関するコンサルティングを提供します。例えば、お手持ちの腸内細菌叢データ(fastqファイル等)の再解析や、当社の約20,000人の日本人の腸内細菌叢解析データベースを活用することによって、ご提供データから新たな解釈や仮説を導き出すなどの研究支援を行なうことができます。また、食品原料などの自社製品が腸内細菌叢に及ぼす効果などについてのコンサルティングを行います。


受託研究・共同研究

受託研究

食品及び医薬品や生活習慣等が腸内細菌叢に及ぼす影響、腸内細菌叢と疾病との連関などについての研究を行います。また、特定の疾病を予防・改善するための機能性食品や医薬品の研究・開発に係わる臨床試験の試験計画策定から試験結果の分析・評価などを行うことができます。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする