100万人の腸内健やかプロジェクト

腸内細菌叢

『100万人の腸内健やかプロジェクト』は、腸内細菌叢の検査・分析サービス『SYMGRAM』の社会実装を通じて、誰もが健やかに毎日を過ごすことができる社会の実現を目指すプロジェクトです。

『SYMGRAM』とは、日本最大級(約18,000人)の日本人の腸内細菌叢解析データベースを用いた腸内細菌叢と疾病の連関に関する研究の成果をもとに開発した、個人の腸内細菌叢データからその人の疾病リスクを分析し、予防・改善のための食品等をアドバイスする、世界初の腸内細菌叢の検査・分析サービスです。

人生100年時代といわれる一方で、増え続ける生活習慣病などの慢性疾患のリスク。『100万人の腸内健やかプロジェクト』では、日本人の特徴を踏まえた腸内細菌叢の検査・分析サービスを通じて、腸内細菌叢の状態と疾病リスクの関係をより一層詳細に解析することによって、「未病」の段階からの疾病の予防に取り組むことができる社会の実現を目指します。

プロジェクトでは、『SYMGRAM』が医療機関向けの診断・指導サポートツールとして広く活用されることを実現し、次に予防のための一般個人向けの検査・分析サービスとして展開し、最終的には、食生活アドバイスや機能性食品を用いた疾患予防や体調改善を実現します。同時に、そのプロセスにおけるデータを蓄積し、データベースの充実と検査・分析サービスの精度を高めていきます。

誰もが、いつでも、手軽に『SYMGRAM』を使い、自身の腸内細菌叢の状態を知ることで、自ら疾病の予防や体調改善に取り組むことができるセルフメディケーション社会を実現する。それが『100万人の腸内健やかプロジェクト』が目指す未来像です。